ニュース

第5回北海道大学オープンファシリティシンポジウム開催のご案内

2017年11月15日

  • イベント
  • GFC

グローバルファシリティセンターは発足3年目を迎えました。本年度は、機器分析受託部門が創成科学研究棟に移り、設備リユース部門、試作ソリューション部門が本格的に活動を開始いたしました。今回は、これらGFCの取り組みとともに、北海道大学における機器共用システムについてご紹介いたします。また、日本の大学が目指す設備共用の現状と未来図について文部科学省、海外機関の関係者にもご参加いただき、改めて考える場を設けさせていただきます。

 

日時:平成30年1月30日(火)9:30-18:05

会場:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟レクチャーホール

言語:日本語・英語

申込:専用フォームからお申し込みください ※締切:平成30年1月26日(金)

主催:北海道大学グローバルファシリティセンター

共催:北海道大学大学力強化推進本部、オープンファシリティプラットフォーム事業推進室

お問合せ先:北海道大学グローバルファシリティセンター(担当:吉沢)
      TEL 011-706-9230 / e-mail OF-Seminar☆cris.hokudai.ac.jp(☆を@に置換して下さい)

 

(プログラムは下記の通りです)

第1部 北海道大学次世代研究基盤戦略ー新共用事業採択拠点経過報告:現状と課題ー

9:30-10:00 受付

10:00-10:05 開会の辞 (網塚浩 GFCセンター長)

10:05-10:35 基調講演「新たな共用システムの導入と今後の研究開発基盤政策について」(文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課)

10:35-11:00 平成28年度採択4拠点:現状と課題(上原広充 大学力強化推進本部 研究推進ハブ URAステーション)

11:00-11:50 平成29年度採択2拠点の採択状況
       「One Healthに貢献するオープンファシリティユニット」(石塚真由美 獣医学研究院 教授)
       「ナノ物質科学・バイオサイエンス顕微解析ユニット」(柴山環樹 工学研究院 教授)

11:50-12:15 全体質疑

12:15-13:30 昼食

 

第2部 GFCの新たな取り組みと技術支援人材育成への展開

13:30-13:45 開会の辞(網塚浩 GFCセンター長)

13:45-14:15 基調講演「設備サポートセンター整備事業の今後に向けて」(文部科学省 研究振興局 学術機関課)

14:15-15:00 招待講演「バークレー国立研究所における科学者・技術者・技術支援スタッフのキャリアパス」(Henrik von der Lippe ローレンス・バークレー国立研究所 エンジニアリング部門 部門長)

15:00-15:20 コーヒーブレーク

15:20-16:20 GFC事業経過報告
       ・オープンファシリティ部門 部門長 吉沢友和
       ・機器分析受託部門 部門長 岡征子
       ・試作ソリューション部門 部門長 女池竜二
       ・設備リユース部門 部門長 江藤典子

16:20-17:00 ポスターセッション

17:00-18:00 パネルディスカッション「設備共用における産学連携と技術支援人材育成の将来」
       [進行]江端新吾 北海道大学GFC副センター長
       [パネリスト]文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課
             文部科学省 研究振興局 学術機関課
             石山喬 日本軽金属ホールディングス株式会社 相談役
             有福和紀 日本電子株式会社 フィールドソリューション事業部 サービス推進本部 本部長
             大谷文章 北海道大学 触媒科学研究所 教授
             出村誠 北海道大学先端生命科学研究院 教授
             岡征子 北海道大学GFC機器分析受託部門 部門長
             網塚浩 北海道大学GFCセンター長

18:00-18:05 閉会の辞

 

※19:00より懇親会(参加費5000円)がございます。参加ご希望の方はシンポジウム参加のお申し込み時にあわせてお申し込みください。

 

 

なお、過去のオープンファシリティシンポジウムの情報はこちらをご覧ください。

ページ最上部へ