Protein Sequencing

 

psq

  • 初めてご利用の方
  • 分析申込
  • お問い合わせメールフォーム

取扱分析項目

分析の概要:  プロテイン(ペプチド)シーケンサーとは?

プロテイン(ペプチド)シーケンサーは,タンパク質試料についてエドマン分解反応を行い,それにより遊離した末端アミノ酸をHPLCにより同定する装置です.

タンパク質のN末端からのアミノ酸配列を知ることができます.

 

プロテインシーシーケンサー(ペプチドシーケンサー)はデリケートな機械であり,予期できないトラブルにより 分析データやサンプルが失われることがあります.あらかじめご承知おきください.

 

取り扱い分析項目

通常分析 :ペプチド量3 ~ 300 pmolで分析可能

高感度分析:ペプチド量0.5 ~ 10 pmolで分析可能


試料の必要量,解読を希望する残基数,分析料金などを参考に分析項目をご選択ください.

解読残基数は, 先行文献があればそれを参考に決定してください.

予備実験・大量発現タンパクの確認(5 残基程度),既知タンパクの同定(8 ~10 残基程度),未知タンパクのPCR Primer設計(15 ~30 残基程度)などがよく行われます.

条件の良いペプチドであれば,40 残基程度まで解読できることがあります.


 

 

ページ最上部へ