施設案内

概要

北海道大学創成研究機構グローバルファシリティセンター機器分析受託部門は,1979年に設置された北海道大学機器分析センターを前身とし, 2009年の改組に より創成研究機構共用機器管理センター委託分析部門となったのち,2016年1月に現在の組織名となりました. 分析機器を使用した教育と研究にその施設を供すると共に,化学分析および分析技術の開発研究を通じて本学における教育・研究の進展に資することを使命としています.

主たる業務は,生体成分を含む有機化合物の構造解析に関わる分野で, 大型分析機器を用いた受託託分析を 「国立大学法人北海道大学グローバルファシリティセンター分析・加工受託規程」に従って行っています.詳しい内容につきましては,各分析室のページをご覧いただくか,"ご相談窓口"までお問い合わせください.

沿革

1955年  4月 北海道大学医学部薬学科に元素分析室開設
1966年  7月 核磁気共鳴分析室を開設
1968年  5月 質量分析室を開設
1969年  4月 アミノ酸分析室を開設
1979年  4月 北海道大学機器分析センター設置.~学内共用の時代へ~
1988年  4月 プロテインシークエンサー導入
2009年  1月 学外からの受託分析開始.~学外開放の時代へ(アカデミック対象)~
2009年  4月 創成研究機構 共用機器管理センターとして改組.委託分析部門となる.
~より強固な研究支援体制構築へ~
2015年  10月 民間を含む学外からの受託分析開始
2016年  1月 創成研究機構グローバルファシリティセンターとして改組.機器分析受託部門となる.

2017年  3月

北キャンパスエリアに移転

住所

〒001-0021
北海道札幌市北区北21条西10丁目
北海道大学創成研究機構
グローバルファシリティセンター機器分析受託部門 (04-118室)

【学内便番号:45番】

内線/メールアドレス一覧

問い合わせ先 内線番号 メールアドレス (@を変更して使用してください)
事務室  04-118室 9235 adm-iadgfc.hokudai.ac.jp
元素分析  03-118室 9284 chn-sx@gfc.hokudai.ac.jp
アミノ酸組成分析  03-116室 9247 aaa@gfc.hokudai.ac.jp
タンパク質配列分析  03-116室 9249 psq@gfc.hokudai.ac.jp
質量分析  04-118室
 04-120室
 04-121室
 03-320室
9254 mass@gfc.hokudai.ac.jp

toiawase

職員一覧

職名 氏名
グローバルファシリティセンター/センター長 網塚 浩      (Hiroshi Amitsuka)
グローバルファシリティセンター/副センター長 江端 新吾     (Ebata Shingo)
機器分析受託部門長 / 技術専門職員 岡 征子      (Seiko Oka)
定性グループ長 / 技術専門職員 広瀬 知弘     (Tomohiro Hirose)
定量グループ長 / 技術専門職員 武田 希美     (Nozomi Takeda)
技術職員 徳光 藍       (Ai Tokumitsu)
技術補佐員 澤里 理美     (Satomi Sawasato)
技術補佐員 小笠原 望巳    (Nozomi Ogasawara)
研究支援推進員 山田 みほ     (Miho Yamada)
事務補助員 中川 明子     (Akiko Nakagawa)

 

そのほか多くのグローバルファシリティセンターの仲間たちが皆様の研究をサポートしています。 ⇒ GFC組織紹介はこちらから

 

ページ最上部へ