次世代共用化プロジェクト連携室(FUTURE)について

次世代共用化プロジェクト連携室(FUTURE)について

次世代共用化プロジェクト連携室:FUTURE
(Frontier Utilization to the fUther developments; REnkei office)

グローバルファシリティセンターに、新たに共用化に関わる事業を専門に推進するオフィス「次世代共用化プロジェクト連携室(略称:FUTURE)」を設置しました。 FUTUREでは学内組織の枠を超えた組織間連携をリードし、進行中の共用化プロジェクトの有機的な推進、先進的な共用化システムの立案など、 新たな可能性にチャレンジしていきます。

 

 

文部科学省・先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)

北海道大学では、研究設備・機器の共用体制の集中的改革を進めていくことを目的とした「先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)」に、 研究戦略室による学内選考を経た4つの提案を申請し、その全てが採択されました。本事業ではGFCが統括部局となり、学内に分散する部局独自の共用拠点の ネットワーク組織である「オープンファシリティプラットフォーム(OFPF)」に参画する機関を中心として、学内の共用体制および共用拠点間の連携強化を図っていきます。

 

 

本学のソフトマターに関する世界トップレベルの教員を結集した総長直轄の活動拠点にSMOUを併設し、ソフトマター分野融合の先端的・機動的な複合領域研究のスタートアップ支援、大型共同研究等の産学連携の強化に活用します。
複数の学内共同利用施設が一体となり、X線を用いたマテリアル研究を広範かつ総合的に支援するとともに、分析機器企業の協力を得て機器教育体制を充実させることで北海道地域のハブセンターとしての機能を備えます。
極低温・超高圧・強磁場など汎用装置では測定困難な極限環境での物性測定に対して、独自開発した装置と支援員による測定ノウハウを提供し、若手・招聘外国人研究者への研究スタートアップ支援、若手人材の育成に取り組みます。
創薬研究に必須である生物系−有機系−物理分析系の分野融合に資する機器を集約し、専門性の高い職員による機器の管理体制を構築することで、先端の創薬・創剤および生命科学研究を遂行します。

ページ最上部へ