グローバルファシリティセンターについて

組織構成・役割

各会議・組織の主な業務内容

k-faceセンター会議:

業務計画、予算、研究機器の整備計画、機器共用に係る基本計画の企画と立案等

k-faceGFC事業推進室:

事業計画の遂行に係る具体的な計画の策定と将来構想の立案等

k-face次世代共用化プロジェクト連携室(FUTURE)

学内組織の枠を超えた組織間連携のリーディングによる進行中の共用化プロジェクトの有機的な推進、先進的な共用化システムの立案等

k-faceオープンファシリティ部門

本学が保有する高度な研究機器の学内外への共同利用・供用利用の促進、共用機器の維持管理、供用のための装置研究開発等

k-face機器分析受託部門

元素分析、NMR分析、質量分析、アミノ酸組成分析、タンパク質配列分析の受託、共用機器の維持管理、分析技術の研究開発等

k-face設備リユース部門:

本学が保有する研究機器の学内における再活用と再利用の促進等
設備市場システムはこちら

k-face試作ソリューション部門

学内外の研究者、技術者への研究・教育用機器の試作並びに最適な試作方法の提案等

k-face国際連携推進部門:

本学が保有する高度な研究機器の国際的な共同利用・供用利用の促進、共用機器や分析技術を活用した国際的な教育・人材育成の企画運営等

ページ最上部へ