グローバルファシリティセンターについて

グローバルファシリティセンターについて

 平成28年1月1日、北海道大学創成研究機構にグローバルファシリティセンターが発足しました。過去10年の間に北大が培ってきた先端機器共用システム「オープンファシリティ」をさらに発展させ、機器共用の促進だけではなく、北海道大学が保有する高度な研究機器や分析技術を活用した、国際的な教育、人材育成拠点としても大きな役割を果たすことを目指しています。 旧共用機器管理センターの委託分析部門と共用機器部門は、それぞれ機器分析受託部門、オープンファシリティ部門と名称を変え、今後もさらに使いやすいシステムとサービスを探究、提供してまいります。

 そして今回新たに設置された国際連携推進部門では、「アジアの協定校を中心とする先端機器共用に係る国際連携ネットワークの形成と、その教育・研究への積極的活用」、設備リユース部門では、「主に中・小型の研究設備・機器に対する学内リユース流通システムの構築による研究環境基盤の強化」、試作ソリューション部門では、「大学と民間企業のものづくり機能を融合した新たな産学協働体制の構築による研究機器等の試作支援体制の強化」といった事業に取り組みます。  

 グローバルファシリティセンターは、機器共用という新たな人と人とのつながりを生み出し得る場を最大限に活性化し、国際化を加速する本学の改革の歩調に合わせ、学内外との共同研究の創出や、技術人材の育成、研究・教育の国際的な連携強化に寄与し、グローバルな視座に立って拡充、発展させることを目標にして活動していきます。

 

● イノベーション人材育成拠点の構築  

chart_3

(1) 技術支援人材育成基盤の強化
・技術職員・若手研究者・学生等のスキルアッププログラム(技術研修、学位取得コースなど)
を企画、運営する
・技術職員のキャリアアップを図る
(2) 先端機器の教育への還元 ~グローバル人材育成機能の充実~
・アジア拠点校間の共用機器の連携を行う
・先端機器を活用した各レベルでの教育科目を企画・実施する
 -若手研究者・技術者対象に先端機器国際シンポジウムの開催等-

 

● グローバルファシリティセンター 組織図

 

chart_1

chart_7

 

● 設備リユース「設備市場」 chart_4

 

・大学の保有する設備の大多数は500万円以下の中・小型機器
・年間100-300台が廃棄されるが、もっと再活用できないか?
        
・再利用機器に価格を設定:「譲ってください・譲ります」から「買います・売ります」に!
・コストと利便性を追求した学内設備通販サイト「設備市場」を開設  

 

● 試作ソリューション部門 chart_5

 

・大学の研究教育を支える「ものづくり」には、民間企業には無い先端工作機器や技術の伝承があり、また、「1点物」の製作に柔軟に応える優れた人材が豊富
        
・学内部局工作室とグローバルファシリティセンターとの連携を構築 ・民間企業の加工・組立部署とパートナーシップを締結し、新しいタイプの 産学協働事業「試作ソリューション」をスタート

ページ最上部へ